フケ症

フケとは?

フケとは頭皮の角質細胞が老化し、はがれた落ちたものをいいます。
つまり、フケは新陳代謝により古くなった皮膚がはがれて落ちたもので、約1ヶ月の周期ではがれて落ちるそうですね。


表皮サイクル

フケは、新陳代謝によって、角質細胞が剥がれて落ちたものになります。
角質細胞は表皮の最も外側の層の細胞でしょう。フケは頭皮から剥がれて落ちるものですが、フケになる角質は、最初は表皮の深い場所にあります。


フケの種類:脂漏性のフケ

フケは大まかに分けると脂漏性のフケと粃糠性のフケの2種類に分けられ、脂漏性のフケは、べたついた脂性のフケであり、皮脂の分泌の多い方にみられるフケで頭皮の部分にへばり付いていたり、かたまりとなって落ちてくるフケになります。


フケの種類:粃糠性のフケ

フケは、脂漏性のフケと粃糠性のフケの2種類に分けられ、粃糠性のフケは乾いたフケであり、頭皮が乾燥していることで生じるものです。粃糠性のフケは、白く細かい角質がパラパラと落ちるもので、若い方に多い乾性のタイプのフケになります。


フケの原因菌

フケの原因菌として、ミクロスポルム・カニスと呼ばれている白癬菌やトリコフィトン・トンズランスと呼ばれている白癬菌などがあるそうですね。


フケ症:脂漏性皮膚炎

頭皮の細菌が異常に繁殖することが原因となって炎症が生じる場合があります。このような症状は脂漏性皮膚炎と呼ばれ、頭皮が赤くなったり、かゆみを伴った症状がでてきます。


フケ対策:脂漏性のフケ

脂漏性のフケの場合において、脂性のフケはべたついているため、フケが取れにくく、フケが毛穴の部分に残ることで毛穴が詰まり、髪が生えてくるのを妨げるために注意を要するでしょう。


フケ対策:粃糠性のフケ

粃糠性のフケの場合において、粃糠性のフケは乾いたフケであり、頭皮が乾燥していることで生じるもので白く、細かい角質がパラパラと落ちるもので、若い方に多い乾性のフケになります。
粃糠性のフケの原因として、皮脂の取りすぎなどがあるようですね。


フケ対策:シャンプー・食事

フケの対策としてはシャンプーの仕方の見直しや栄養バランスを考えた食事やホルモンの分泌を抑えることなどがあるでしょう。


フケの要因と対策

フケは角質の老廃物などが剥がれて落ちたものをいい、粃糠性のフケと脂漏性のフケがあります。粃糠性のフケは皮脂の分泌の不足が原因で生じる乾いてパラパラした細かくて白いフケで脂漏性のフケは皮脂の分泌の過剰が原因で生じる湿っぽくて、べたべたした形が大きな黄色いフケでしょう。




Page: 1

TOPPAGE  TOP